logo
 
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

 メインメニュー
 研究会年報(セール中)
研究会年報は6号まで刊行済みです。各号とも1冊1000円(送料1冊300円、2冊以上350円)ですが、現在1号から6号までをセットで3000円(送料別途)のセールを行っています。バックナンバーを揃えるチャンスです。購入希望の方は連絡フォームから、〒番号・住所・お名前・購入希望号数と冊数・私費/校費の別などをご連絡ください。ダウンロードコーナーでは、各号目次および執筆者紹介PDFをダウンロードできます。また、掲載論文の一部を見ることもできます。
 新着リンク
 広告
社会言語学関連
多言語社会関連
sociolinguistics
language policy
三元社出版物
 多言語社会研究会のウェブサイトへようこそ

「多言語社会研究会」は、1998年5月初旬に研究会発足の呼びかけがなされ、1998年5月23日に第1回の研究会を神田・学士会館にて開催しました。

研究会は、三元社の発行する雑誌 『ことばと社会』とリンクしています。

入会を希望される方はこちらのフォームからお申し込みください。

その他の問い合わせ等はこちらの連絡フォームからお願いします。

 掲載日時    最新ニュース【開催日時等】
2017-5-28 第72回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2017年6月24日(土)】
2017-4-6 第71回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2017年4月22日(土)】
2017-2-1 第64回多言語化現象研究会・第9回琉球継承言語研究会【開催日:2017年3月18日・19日】
2016-12-30 第70回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2017年1月28日】
2016-11-4 第9回多言語社会研究会・研究大会【開催日:2016年12月3日(土)】
2016-10-5 第69回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2016年10月22日(土)】
2016-6-15 第1回 先住民言語およびマイノリティ言語の再活性化に関する国際会議
2016-6-2 第61回多言語化現象研究会【開催日:2016年7月9日(土)】
2016-5-22 第68回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2016年6月25日(土)】
2016-2-24 第60回多言語化現象研究会【開催日:2016年3月26日(土)】
2016-2-3 第67回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2016年4月23日(土)】
2015-12-31 第66回多言語社会研究会(東京例会)【開催日:2016年1月30日(土)】
2015-11-26 『社会言語学』第15号(2015年)
2015-11-3 第59回多言語化現象研究会【開催日:2015年12月5日(土)】
2015-9-11 第58回多言語化現象研究会【開催日:2015年10月3日(土)】
 発足の趣旨

昨今、言語問題が社会的に注目される度合いが増してきました。「英語帝国主義論」は2〜3年来、論争が続いていますし、昨年は『多言語主義とは何か』(三浦信孝編、藤原書店)がいろいろなところで大きくとりあげられました。フランスでも、反フロン・ナショナルの先陣を張る地理学者 Yves Lacoste が、逆説的タイトル 『ナシオン万歳』 Vive la nation を掲げる著書のなかで、言語問題の社会的重要性を訴え、また、『ナシオンの源泉としての言語』 La langue, source de la nation と題された言語思想史的撰文集が出版され、大いに評判となりました。

本研究会はこうした時流に乗るというわけでは決してありませんが、社会的な言語問題を大いに論じ合う機は熟したということで、これをもっぱら論じあう場を提供しようとするものです。言語問題に的を絞った研究会というわけですが、呼びかけ人としては具体的テーマとして次のような題材を考えています。

  • 地域的民族的少数派、移民・外国人労働者の言語文化的問題・要求/復権運動、言語政策
  • Linguistic Imperialism, Francophonie といった言語覇権主義と多言語主義、国際的組織での言語使用
  • 言語侵略史、植民地(時代)およびポスト・コロニアルの言語問題
  • 国語・標準語の形成/歴史、方言・民衆言語などとの権力関係、言語政策
  • 多言語社会の形成/現実、その言語紛争、また言語政策/戦略
  • 多言語的メディア・コミュニケーション論、バイリンガル教育その他多言語社会に関する諸問題

言語という題材にかかわるテーマ研究会ですので、学問領域的所属/ディシプリンにとらわれることなく、メンバーを募りたいと思います。とりあえず大学院生以上の研究者を対象にして、「論争を巻き起こす場」をめざします。研究会は隔月(ないし2〜3カ月)に一度ほどのペースで開く予定です。研究会での報告は活字化することを原則にします。そのための雑誌も企画中です。これについては研究会のなかで企画を発展できれば、と考えています。

1998年6月16日

(呼びかけ人 原聖)